出馬

選挙公約を読んでいて

地域興しについてはA党、
社会保障についてはB党
憲法についてはC党
子ども子育てについてはD党

と、全部ゆだねたい党がないと悩んでいる。

取捨選択の難しさ。

選挙は未来。

どんな国を作っていきたいか
どんな未来を子ども達に手渡したいか

今、自分たちの一票で決まる。

なかなか決めかねてるとぼやいていたら
「じゃ、選挙に出たら?」と友人に言われた・・・

それもありかも知れない・・・

公約はやっぱり
「うるめいわしを子孫末代まで食べさせます!!」
かな。。。

環境を守り
少子化にも取組み
一次産業者がいきいきと働くことができ
ついでに争いもしないという内容。

魚が暮らせる海や海に続く山や川、里を守り
子孫が残ることが出来るよう少子化にも取組む。
もちろん一次産業あってのうるめの丸干し。
また、いつ核実験が行われて
海のものが獲れなくなるか
ずっと心配しているからこその
争いはしないという言葉。

「子どもにお金をかけます!!」もだな。
財源は・・・大儲けしている企業に課税したらどうだろう?
それでも足りないだろうから、やっぱり国会議員の報酬カットで捻出(^-^)

カットされても働きたいという真の志を抱いている人だけが議員になればいいと思う。

それでもまだ足りないならば
やっぱり軍事費削減(^-^)

こんな公約に票が入るかしら?

ただ、うるめ漁が最盛期の時は
議会にはでることができませんけど・・・