サンリオデビュー

ある日、
岡岩商店の看板娘が
幼稚園からチラシをもらってきた

2018030207210000.jpg

いつになく「どうしても行きたい!」と
猛烈にアピールをしてくるので
行く約束をした。

ところが、
なんと約束をした
岡岩商店の妻はインフルエンザに感染!!

看板娘は
とても
とても
と~っても楽しみにしている

楽しみにしている

楽しみにしている

ということで
40過ぎのおっさんである
岡岩商店店主が
看板娘とサンリオへ(笑)

手をつなぎ
いそいそと出かけた

そして
看板娘は
キャラクターが会場で
「〇〇だよ~!やってみて~!」と呼びかけるも
「いや」「やりたくない」の一点張り。

そんな娘の姿にひるまず
せっかく来たので
盛り上げようと
店主、1人でキャラクターの呼びかけに応じ

「やってみいや。楽しいで」
「しようよ」
とやって見せてみるも
一本気な看板娘は
「やりたくないし」の一点張り。

なので
傍から見ると
40過ぎのおっさんが
キテイちゃん達相手に
ひとりで手を振り
呼びかけに応じる形になっていたという・・・

で、帰宅後
「教育テレビとかに慣れちょったら
 違うかも?」とのこと。

あ~、
そうでした。

看板娘はTVを見てなかったのだわ。

キャラクターが歌って、踊って、
さぞ びっくりだったであろう。

だって彼女にとってのキテイちゃんは
水筒の側面で絶えず笑ってる
動かないイラストだったし

彼女が大事に持ち帰ったチラシの
キティちゃんだって動かないものであった。

なのに
大きくて
動いて、しゃべって、歌って、踊る。

驚いたであろう看板娘も目に浮かぶが
ひとりで「とほほ」と思いながら
キャラクターの呼びかけに応じ
看板娘を楽しませようとする
岡岩商店店主も目に浮かぶ・・・

その溺愛ぶりに
思わず笑ってしまう・・・

40過ぎのおじさんの
サンリオデビュー記でした