トマトの選び方

2017072311060000.jpg

ある研修会で
講師の方が

「みなさん、
トマトを買うときに何を基準に買いますか?
両隣の方と話してください」

とおっしゃったので

我が家の購入基準を申し上げてみる

「どんな生産者に
 どこで、どうやって育てられ
 どのように私の手元に届いたのかを大事にしてます」と・・・

両隣のおばちゃまたちは
「・・・」と妙な顔

あれ?と思ってると

「やっぱり値段と柔らかさよね~。」
「触ったり、押して確かめるよね~」

とのこと。
そうか、そうなのだ・・・と
納得。

どこの、だれが、どんな思いで作ったかではなく
いかに安く、おいしく、熟してるかが
主婦にとっては大事なのだろう・・・

衣食住、すべてにおいて
世の中のほとんどの人々は
きっとそうだろうなと思いを巡らしてみる

安いことの裏に秘められている事や
語られない思いは
いったいどこへいくのだろう???

触って、押した
トマトは買ってもらえるのかしら?

いろんな思いがめぐる

そして
自分達の置かれている
選び取ってきた選択に
感謝する

我が家でいただく
野菜を含めた農畜産物や加工品は

実家の家庭菜園からのいただきものか
顔見知りの生産者の方々から
高知オーガニックマーケットなどで
直接購入するか

NPO土と命や大地、ハート&ハートなど
信頼できるお店で
共同購入または直接購入させていただいている

自分達が
どんな未来を
こどもたちに贈りたいか

どんな風に生きていきたいか

トマトをめぐって
考える夜

,,,