一歩一歩

登れないように感じる山もあれば
底なしのように感じる谷もあった

でも

登って
下って
這い上がって
回り道して
ぐるぐる、ぐるぐるしながら
ここまでやってきた

登れないように思えた山も
いつのまにか
下りにさしかかっている

底なしのように感じた谷も
いつのまにか
空が近づいている

今も
ぐるぐる、ぐるぐるしながらには
変わりはないけれど

それでも
自分達なりに
一歩一歩
歩いてきたつもり

たくさんの方に
助けていただきながら
ここまでやってこれた

看板を背負うということ

味を受け継ぐということ

次世代へ
つないでいくということ

やっと今

その重みや大変さが
わかるようになってきた気がする

魚や海を子ども達に
手渡したいという思いも加わり

あいかわらず
てんてこ舞いで

自分達にできることは
限られているけれど

「微力だけど無力じゃない」と
想い続けながら

今日も
高知で
無添加干物屋として生きている

,,