南海トラフ地震

地震と言えば
南海トラフ地震

今回の
大阪の地震の揺れを
高知でも感じた時

「ついに来たか!!」と
身構えました

海のそばで生活する
わたしたちにとって

海は
心安まる場所であり

生活の糧を得たり

様々な恩恵を
受けながら

当たり前のように
いつも
そこにある存在

だけれども
脅威にもなりうる
存在ということを
東北の津波が教えてくれた

前回の南海大地震の時
岡岩商店の母屋は残った

母屋の前の道路に立つ
電柱には
「津波がここまで来ました!」という
印がつけられている

さて
次の南海地震の時
私達は命を守り
海を守れるのだろうか

四国には伊方原発がある