誇り高き、考える干物屋

商売上手と噂の人の
話を聞く

ふーん、そうか
手段を選ばずに
そうすれば、儲かるのか~と感心し、
やや軽蔑する

3代目とGW部長で戦略会議

・・・を、
するでもなく、
すぐ結論が出る。

うちは、うちで、まっすぐに生きていく。

儲けたら嬉しいけれど
「ひとり勝ちはいかん」と言い続ける
2代目の言葉の通り

漁師町のフェアトレードを目指して
がんばっていく

これまでも
これからも

まっすぐに
商売をしていく

お客さんや
自分をだましてまで
儲けて
なんの意味があるのだろう

その商売上手な人が
気の毒になる

そして
その人を信じている
お客さんも気の毒になる

食べることは、生きること

いのちをつなぐこと

その、いのちを粗末にしたくない

岡岩商店のことを信頼し
岡岩商店の無添加の干物たちを愛して下さっている皆さま

初代、岡岩之助の時代を経て
2代目や3代目や4代目をかわいがって下さっている皆さま

その方々を大事に想い続けられる
無添加干物屋でありたいと
夫婦の意見が一致

お~、珍しく一致!!と笑ってしまう

「でも、ちょっとはお金がないと、生活できんで」と
誇り高き無添加干物屋に
現実を突きつけ、
進言する

金はないけど
誇りはある
無添加干物屋
高知にあり  byGW部長

,,,,