中土佐町にイエティ?(画像はイメージです)

毎日のように
藁焼きかつおたたき用の
稲藁集めに精を出している
3代目

ついに
イエティならぬ
ナカティが現われたそう・・・

わら集めを終え、
さあ帰ろうと車で走り始めようとした
その時

ふと
となりの稲刈りの終わった田んぼに
目をやると・・・

「ん?なんの銅像?」

「田んぼに銅像なんかないでね?」

一瞬の思考停止

「・・・」

だって
3代目よりも
恰幅のいい
毛むくじゃらの誰かが
稲刈り後の田んぼに
どっかりと座っている

座っているので
身長はわからないけれど

横幅は
3代目よりも
大きな毛むくじゃらの誰か・・・

イエティ?

いやいや、
ここは灼熱の国、高知

イエティは雪国育ち

灼熱の中土佐町に
出現したからには
ナカティ???

と、凝視すると

けむくじゃらのナカティも
こちらの気配を感じ取り

こちらを凝視

お互いに見つめ合うこと
1分ほど

どうやら
ナカティではなく
サルだと判断した
その時!!!

彼は
四つ這いで走りだしたかと思うと
木立の間へ
風のように飛び去っていった

自然いっぱいの中土佐町には
カツオや鱧、連子鯛など
魚たちだけではなく
野生のサルも出ます

小さなサルには
時々、遭遇しますが
こんなに大きなサルは初めて

この暑さで
山に餌がないのか
田んぼの稲の残りを食べに来たのか

山が荒廃すると
川や海も栄養がもらえず
豊かないのちを
生み、育み、つなぐことが難しくなる

ナカティならぬ
中土佐町のサルから広がる
環境問題

あなたにも
考えてほしいな・・・

ちなみに
サルに遭遇したら
女の人や子どもは
目を合わせず
すぐに逃げてくださいね

群れを作っている時は
絶対に近づかないように

残念なことに
とっさの出来事で
写真が撮れなかったので
我が家の看板娘の心の友
オサルの後ろ姿で
ご想像くださいm(_ _)m
DSC_1017

,,,,,,,,,,,,