岡岩商店

1332380488700

皆さんから、「岡岩商店の名前って、どんな由来?」とよく聞かれます。

岡岩商店という屋号は、先々代の名前からとったものです。

そう、今の店主は3代目。

ひい爺さんが、その昔、大正時代に、高知県中土佐町上の加江で

漁業を生業にしたことが始まりです。

その頃は、上ノ加江港も水揚げが多く、にぎわっていたようです。

そして、2代目が「うるめの加工をしたい」と、うるめの丸干しを始め、もの作りがおもしろくなり、干物などにも進出、今に至っています。

この2代目、本物の職人で、おもしろいエピソードを沢山持つ人物です。

その話は、また追々・・・。

そして、今の3代目に岡岩商店の無添加の干物作りの技術や味は引き継がれつつ、時代に合わせた味に進化もしている最中です。

屋号や先代の思いを大事にしながら、岡岩商店の無添加干物の味を守り、進化させ、皆さんに「おいしい!」と言い続けていただけたら、嬉しいです。魚を食べる文化を伝えていきたいと思いながら、今日もせっせと、魚をさばき、干物を作っています。